花粉症を悪化させないためにできること

花粉対策~洗濯物を花粉から守るためには~

大事な洗濯物を花粉から守る~忙しい主婦でも簡単にできる対策~

洗濯かご

花粉のシーズンになると、花粉症に悩んでいる人にとっては憂鬱な気分になってしまいます。くしゃみや鼻水は止まらないし、洗濯物に花粉がつくことで家にいても花粉症に悩まされることになります。何より、子供も花粉症になる可能性もあるので、できるだけ洗濯物に付着している花粉は取り除きましょう。

大変な花粉シーズンの洗濯物

花粉シーズンになると最も怖いのが、洗濯物に花粉が張り付いてしまうことです。洗濯物を取り込む時に花粉がついたままの洗濯物を取り込んでしまうと、花粉が家の中に入ってしまうので花粉症が悪化することがあります。なお、部屋干しはこの時期になると家の中が多湿になる他、カビが発生するリスクもあるのでおすすめできません。

花粉が洗濯物につくのは「静電気」のせい

なぜ洗濯物に花粉が張り付くのかについて説明しましょう。湿っているのであればともかく、乾いているなら張り付かないのではと思うかもしれませんが、花粉が張り付いている理由は湿気ではなく、静電気が影響しています。洗濯物に静電気が発生していると、その影響で花粉が付着しやすくなってしまうのです。また、衣類によって張り付く花粉の量は違う他、柔軟剤を使用したか否かによっても静電気の発生率は変わってきます。なお、ウールが最も静電気が発生しやすいですが、柔軟剤を使うことで付着量を半分に減らすことができます。

洗濯物を花粉から守るには?

ここでは、花粉が洗濯物につく量をできるだけ減らす方法を紹介していきます。静電気を抑えたり、柔軟剤を使ったりすれば対策できます。

柔軟剤を使う
前述しましたが、柔軟剤には静電気を抑える効力があり、選択の時に使うのと使わないのとでは静電気の発生率が違います。実際に統計を取り調査したところ、付着量がほぼ半分に減っており、効果が実証されています。なお、なぜ柔軟剤で静電気が減るかというと、柔軟剤によって衣類の表面がなめらかになり、摩擦が起きにくくなるからです。静電気は衣類同士が摩擦を起こした結果帯電するので、摩擦が起きにくくなり静電気が発生しにくくなるのです。
干す時間を変える
付着する主な理由は静電気ですが、当然湿った状態の洗濯物にも花粉はつきやすくなります。こちらは静電気が関係ないので柔軟剤でも防げません。よって、濡れている衣類を干す時は、花粉が余り飛んでいない時間帯を狙って干しましょう。そうすれば、花粉が飛びやすい時間帯には洗濯物は乾いているので柔軟剤で静電気の発生を防ぎつつ、花粉の付着量を減らすことができます。
取り込み方を変える
洗濯物を取り込む時に、花粉を払い落とそうとバンバン叩いていませんか?実はこれは逆効果です。大きなホコリならばいざしらず、目に見えないくらい微小な花粉の場合は逆に服の繊維の隙間に入り込んでしまうため逆効果なのです。しかし、ブラシなどで払い落とすようにすれば繊維内に入り込まないので花粉の量を減らすことができます。

花粉対策の効果を上げるコツ

上記した対策の方法に加え、洗濯物を干す時の天候も重要です。風の強い日や雨上がりの翌日は花粉が飛びやすかったり地面が湿っているので中々乾燥しなかったりと花粉がつきやすくなっています。よって、こういった日には干さないことを推奨します。

洗濯物が多くて花粉対策が面倒!花粉シーズンの賢い洗濯方法~

家族が多ければ多いほど洗濯物が増えていってしまいます。そして、洗濯物が多いほど花粉はたくさんついてしまうので花粉を払い落とすのにも一苦労です。よって、ここでは花粉シーズンの時の洗濯方法を紹介していきます。

宅配クリーニングを使った花粉対策もある

一歩も外に出る必要がなく、なおかつ大量の洗濯物を完璧にしてくれる上に花粉がつかない状態で取り込むことができる手段として宅配クリーニングがあります。また、雨が続く日でも依頼できるので洗濯物が溜まり過ぎている時でも役に立ちます。そのため、花粉対策にもなる他、多過ぎる洗濯物の対策にも活用できるのです。下記で詳しく紹介しているので、確認してみましょう。

自宅での花粉対策との比較

宅配クリーニングによる選択と自宅で行なう花粉対策では何がどう違うのか、そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

宅配クリーニングと洗濯する時の花粉対策では何が違うのでしょうか?
花粉除去のみで比較すると、宅配クリーニングの方が優れているといえます。プロの手によって花粉除去を丁寧に行なうため、衣類へのダメージを最小限に抑えつつ花粉を除去しているので家に侵入する花粉の量はこちらの方が圧倒的に少ないです。自宅で行なう場合、洗濯物の量が多ければ多いほど手間が増えてしまう他、よほど上手く除去しないと花粉が大量に付着したままになってしまいます。宅配クリーニングは料金がかかりますが、花粉症で悩むことを考えると料金を支払う価値は十分にあるといえます。
花粉シーズン中は宅配クリーニングで花粉対策をした方が良いのでしょうか?
一概にそうだとはいえません。というのも、こちらは依頼して引き取ってもらい、洗濯が終わったらまた送られてという手間が大幅にかかるため、すぐに使いたい場合には宅配クリーニングに依頼するのは不適切です。また、量が多ければ多いほど金額も高くなるので、必ずしも宅配クリーニングが優れているというわけではないのです。少量ならば自宅で花粉除去もできる他、かかる金額もほぼ0なので場合によっては自宅で洗濯した方が遥かに良いというケースもあるのです。

花粉シーズンの洗濯物の負担を減らす裏技

服や布団など、洗濯物には様々な素材の違いがあります。中にはワイシャツや下着など自宅でも花粉対策ができるものもありますが、冬から春にかけて出番が増えるコート類やセーターは花粉が落としにくく、花粉対策が少々難しくなります。特にウールのセーターは静電気が発生しやすいので花粉を落とすのが難しいです。そのため、自宅でできるものは自宅で洗濯し、難しいものは宅配クリーニングサービスを利用して花粉を除去してもらうという手段があります。

TOPボタン

Copyright©2017 花粉シーズンに備えて~洗濯物に花粉がつかないための対策法~ All Rights Reserved.